秋冬の乾燥対策に大活躍間違いなし♪俳優 町井祥真 ハイブリッド式加湿器のススメ

美容
こんにちは、町井祥真です。

夜は肌寒くなってきて乾燥を敏感に感じる季節になってきましたね。
コロナも相まってインフルエンザ等へのウイルス対策には湿度を40〜60%で保つ事が大切と言われています。
加えて肌の乾燥はしわ、たるみの原因にもなるので、美容意識の高いaRoom読者の方はしっかりと加湿しましょう。
前回の記事では寝る時の香りでリラックスできるアイテムを紹介しましたが、今回は秋冬に活躍間違いなしの絶対オススメできる「ダイニチ」の加湿器をご紹介します!
「ダイニチ」の加湿器、あまり聞き慣れない人も多いかと思いますが、実は全国の主要家電量販店での販売台数、金額シェア共に7年連続1位を獲得し続けている国内家電メーカー。

僕も2年前から家で使っていますが、これを使ってから冬場の朝目覚めた時に肌がつっぱった感じや喉を痛める事が激減しました。

この「ダイニチ」の加湿器は「ハイブリッド式」が採用されており、ヒーターで作り出した温風がフィルターを通過する事によって、部屋中を素早く加湿する事ができます。

また、湿度が設定値に到達するとヒーターがOFFになり、より消費電力が少ない気化式加湿に切り替わるため、電気代の節約にもなるんです。
これが「ハイブリッド式」と呼ばれる由縁ですね。

加湿器って付けっぱなしにする事が多いので、自動で省エネしてくれるのは本当にありがたい。

湿度は50%、60%、70%の3段階で設定可能。

また運転モードは設定湿度に合わせて加湿量を自動調節する「標準モード」、風量を抑える「静音モード」、気化式のみで稼動する「ecoモード」、肌やのどのコンディションに合わせた湿度70%以上に高める「のど・肌モード」と合計4種類があります。
その日の湿度や自分のコンディションに合わせて、これほど機能を備えた加湿器を他で見た事がありません。

これまで2000〜10000円程の様々な加湿器を買って試してきましたが、この子に勝る加湿器はありません。笑

僕は8畳ほどの寝室で使用していますが、20〜30分ほど付けていればあっという間に60%前後を保ってくれます。
このスピードもすごいところ。

寝る時に神経質な僕も「静音モード」や「おやすみ加湿」のボタンを押せば稼動音は全く気にならないので、本当にもう完璧。笑

そんな「ダイニチ」の加湿器、使い方は簡単。

専用のタンクに水を注いでセットするだけ。
お手入れに関しても2週間ほど使っていると「お手入れ」ランプが自動的に点灯するので、下のカバーを外してフィルターとカバー、給水タンク、吸気口のフィルターの4カ所を洗います。
見た目もオシャレでシリーズによってデザインやカラーも様々なので、部屋のインテリアも損ないません。

家電芸人ならぬ、家電俳優(自称)の僕が今や手放せない家電の1つとなっています。

僕が購入したのは2018年発売のHD-RX518モデル。
当時の価格でおよそ18000円前後です。
このモデルで洋室14畳までカバーできるという驚きの広範囲。

部屋の広さなどによってどのシリーズを使うかを調べてみて下さい。
このRXシリーズの最新モデルは"RX520"で価格はおよそ23000円前後です。

決して安くはない買い物ですが、それに見合った以上の効果をもたらしてくれる家電だと思います!

喉のケアが何より大事な周りの俳優仲間にもイチオシで勧めています。笑
これを機に加湿器を選び直してはいかがでしょうか!
そして今回は乾燥を守るために以前から定期的に使っているパックも紹介します!

韓国美容が好きな人なら知らない人はいない美容メーカー「MEDIHEAL」のティーツリーパックです。
これは韓国に行った時にパックを色々買って試した時にあまりに良くてずっと使っているもの。

パックに含まれるティーツリーエキス、カミツレエキス、ツボクサエキスが乾燥や気温の変化による外部環境から皮膚を保護し、肌荒れを防いでくれます。

撮影前なんかは必ず使うほど愛用しているパック。
僕にとっての肌荒れした時の救世主!

今の時期は花粉や気温の変化で肌が弱りがちですからね…
これでしっかりケアしてみて下さい!

お値段は全国のコスメストアやAmazonなどで

1枚25ml ¥325ほど

使ってみると効果を実感できると思います。

乾燥に負けないために、美容・健康の意識を上げていきましょう!