韓国料理からスイーツまで!ライスペーパーを使ったアレンジを試してみたい🍽

おうちごはん

出典: Instagram

ライスペーパーを使ったアレンジレシピがどんどん増えています。
ライスペーパーとは、米を薄いシート状に加工して乾燥させたもののこと。ベトナム料理やタイ料理では生春巻きの皮として利用されています。
筆者はライスペーパーといえば、生春巻きのイメージが強かったのですが、アレンジによって大きく姿を変えることを知って驚きました!

ライスペーパートッポギ

「ライスペーパートッポギ」は、韓国を中心に話題になっているんだそう!
普通のトッポギと食感や味がどのように違うのか気になります💭チーズを入れることで、コクが増すんだとか。韓国料理好きの方は一度試してみたいですよね。

ライスペーパーガレット

ガレットとは、丸く薄焼きにした生地に卵などの具材をトッピングしたものです。そば粉の生地のガレットが代表的なんだとか。その生地をライスペーパーにアレンジしたものです。
水で戻したライスペーパーをフライパンに乗せ、その上に材料を乗せて焼くだけ。ライスペーパーをパリッとさせ、四隅を折り込んだら完成です。
いつもよりひと手間加えて、贅沢な朝に食べたいです☀

ライスペーパー餃子

韓国のインフルエンサーが紹介していたことからも注目を集めているそうです。
普段の餃子のタネに餃子の皮をライスペーパーに変えるだけ!ライスペーパーのモチモチ感が餃子の皮に似ているのだとか。ミンチを豆腐にすることでよりヘルシーになります。シソを入れても風味がアップして良さそう。

見た目の鮮やかさもばっちり✨

ライスペーパーは透明で中の具材が見えるので、野菜などの色味が鮮やかに見えます!
中に入れる具材によってバリエーション豊富になるのも嬉しいですよね。
きゅうりやニンジンなどの野菜、エビやサーモンなどの海鮮は定番でおススメです。
ぐっとおしゃれ感が出て、女子会などで出てくると気分も上がり、写真映えも叶えてくれるかも。

ライスペーパーでスイーツも作れちゃう!?

ライスペーパーを使った料理だけでなく、スイーツも作ることができちゃうんです。
フルーツやクリーム、あんこを巻くと、ライスペーパーのモチモチ感が大福っぽさを演出してくれるのだとか。
季節のフルーツで作ってみたいです。
食後のデザートにぴったり!イチゴ×あんこやバナナ×チョコレートなど、好きな組み合わせをみつけてみてはいかが?
あまり馴染みのないイメージだったライスペーパーのアレンジ方法がこんなにたくさんあることに驚きですよね。ライスペーパーを使ったオリジナルのアレンジも考えてみたいものです。気になった方はぜひ試してみて!